薬剤師のアトピーブログ

薬剤師のアトピーブログ

アトピー関連の事や、薬の事、日常調べた事まで幅広く書いていきます

ふと思った・・老後の資産っていくら必要なんだろうかと

こんにちは。薬剤師+くにぺいです。

未来の自分の人生を考えていると、老後はだいたいどれくらいの貯金がないといけないんだろう~と気になって仕方なくなったので調べてみました!!

  

必要な老後資産は?

 総務省の家計調査報告によると、高齢無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)の公的年金などの社会保障給付は、1カ月におよそ19万円です。同じく家計調査によると月々の支出はおよそ27万円であるため、不足分は月々8万円程度となります。年間で考えると、8万円×12カ月で96万円。老後期間が20年で1,920万円、25年で2,400万円となり、これに家のリフォームや自動車購入、医療など加えると老後資金は3,000万円程度が目安であるといえます。

ただし、この3,000万円という金額は60歳で定年を迎えることを想定した数字です。現在の定年は原則65歳であり、場合によってはさらに長く働くこともあります。定年が遅くなればそれだけ無職期間も短くなるため、必要な老後資金も少なくて済むことが考えられます。このように、老後資金は本人の定年前の給与額や貯金、定年の年齢、寿命などによって変わるため、3,000万円はあくまでも目安だといえます。

三井UFJ信託銀行から抜粋

 

老後で必要な目安は 3000万円か~なかなか壮大な数字ですね。

60歳で定年を迎え、でた退職金を差し引いた額を貯金しとかなければなりません。

 中小企業の定年退職時の退職金額はおよそ1,400万円です。これに対して、上場企業などの大手企業の場合はおよそ2,300万円と言われています。

なのでこの場合に必要な貯金額は

中小企業に勤めている方はおよそ1600万

大手企業に勤めている方はおよそ700万 必要になってきます。

これはあくまで例なので

自分の勤めている企業の退職金がいくらでるのかも調べないといけませんね。

 

定年を迎えた後に海外に住みたいだとか、世界中を旅行して回りたいという人生設計をお持ちの方はさらに貯金が必要になってきます。

 

未来の人生設計から逆算して、どう貯金していくかを日ごろ考えていかなきゃと思います。(仕事の忙しさで忘れてしまいがちですが 笑)

 

くにぺいでした。