薬剤師のアトピーブログ

薬剤師のアトピーブログ

アトピー関連の事や、薬の事、日常調べた事まで幅広く書いていきます

アトピーで顔から汁がでて、ジュクジュクする事への大きな勘違い

アトピーで顔から汁がでて、かゆくてたまらないといった事を経験された人も多くいるのではないでしょうか?

自分もその一人で、その症状に間違った見解をしてしまい更に悪化させていたことを覚えています。

 

目次

f:id:line-of-thinking1:20180830225613j:plain


 

汁がでていることは良いことだという間違い

自分はアトピーが酷かった青年期、顔から汁が出てくることがありました。

アトピーという病気がなんなのか理解していないその頃の自分は、じゅくじゅくと染み出してくる汁を「体から毒素がでていっている」と勘違いしていました。

なので皮膚をもんで、その滲出液を体から出そう出そうと躍起になっていました。

 

この毒素を出し切ればアトピーも良くなってくると信じていましたが、その行動が返って症状を悪化させていたんです。

 

ジュクジュクした汁が出るようなアトピーの症状は、皮膚の内側で重い炎症が起きた場合や、ひっかいて肌を傷つけすぎてしまった場合などに起こります。

この黄色味がかった液体は、「リンパ液」「滲出液」などと呼ばれて、普段は血液と共に血管を流れています。そして、体内の栄養や免疫細胞などを運んだり、体内を巡って老廃物を回収したりという役割を担っている液体です。

皮膚で炎症が起きたり、引っ掻いて傷ができたりすると、血管の壁面の細胞の隙間が開きます。そして、血液中を流れる免疫細胞がその隙間から皮膚組織に移動して、侵入してきた異物など炎症の元になっている物質に対処しようとします。

 

つまり、皮膚からジュクジュクした黄色っぽい液体が出るということは、炎症が悪化していることを意味します。

ちなみにこの液体は、皮膚を保護して皮膚の再生を促す役割を持った、良質なタンパク質でもあり、実は体にとって悪いものではありません。

ただし注意点として長い時間そのままにしておくと

滲出液は細菌増殖の温床となる事があるため適度な入浴が必要です。

1日に1度は入浴するようにしましょう。

 

ジュクジュクによる低たんぱく血症に注意!!

 アトピー性皮膚炎が重症であるために、ひどくただれた湿疹から体液がしみ出してしまうことで血液の中のタンパク質が減ってしまう低タンパク血症という状態になることがあります。これは小児でよくみられます。

 

低タンパク血症になると、浮腫(むくみ)腹水(おなかに体液がたまる)といった症状がでてくるので注意が必要です。

さらに

「皮膚を作るための栄養(タンパク質)が足りない」

           ⇩

「湿疹は悪化していき、さらに滲出液が増えてタンパク質が失われていく」

という負の連鎖になってしまいます。

 

授乳中のお母さんが、卵や肉魚を食べずに野菜ばかりのかたよった食事をとると、赤ちゃんが必要とするたんぱく質が足りなくなります。新鮮な野菜も卵・肉・魚もバランスよく食べてください。

当たり前のことですが、これがなかなか難しいですよね。

アトピーの回復を早めるためにも、食生活もしっかり見直していきましょう。

 

以上、くにぺいでした!!