薬剤師のアトピーブログ

薬剤師のアトピーブログ

アトピー関連の事や、薬の事、日常調べた事まで幅広く書いていきます

アトピーで入浴に軟水を使うと効果ってあるの?

民間療法の「軟水によってアトピーを改善する」ということを謳っている業者やチラシや雑誌をみたことはないでしょうか?

 

今回はその軟水による民間療法が実際に効果的なのか見ていこうと思います。

 ãæ°´ ç»å ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

軟水での入浴に効果はあるのか?

まずは軟水とはなんなのかですが・・・

水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量を数値化したものを「硬度」といい、硬度が120mg/l以下のものを「軟水」とし、120mg/以上の「硬水」と定めています。

 

では、ノッティンガム大学で行った試験を紹介します。

試験の内容は

硬水で入浴している中等症~重症のアトピー患者350人に対して軟水での入浴に変えてもらうグループ硬水のまま入浴のグループに分けて経過をみていくというものです。

※どちらのグループにも同様の標準治療を行ってます

 

結果は・・・

治療効果に変わりはない

でした。

 

もともと日本国内の水道水の硬度は、地域によって異なりますが、20mg/lから80mg/lでどこに行っても軟水なので、この記事の有用性は低いかもしれませんが・・・

結論として軟水器は必要ないということですね~。

 

入浴の際は水の硬度よりも、シャンプー・ボディーソープを低刺激のものに変え、しっかり洗い流すことが大切ですね。

シャンプーの成分が残ることで肌への刺激になり、肌の赤みや痒みを引き起こすトリガーになるので注意するようにしてください。

 

ちなみに飲料水として、軟水と硬水で私たち日本人の身体に合うのは、やはり軟水です。それは長年私たちの身体に馴染んでいるからです。

硬水に含まれるミネラルはダイエットや便秘改善に効果がある反面、胃腸を刺激します。普段から硬水に飲みなれていない日本人が飲むと人によっては身体が順応できず、胃腸に負担を与える恐れがあります。

また、硬水は便を柔らかくする作用があるため、便秘体質でない人が飲むと下痢になってしまう可能性もあります。

これは下剤のマグネシウム製剤(マグミットなど)と同様の効果です。

くにぺいも健康のために水を飲んでますが、間違えてアメリカでよく売られている硬水を買ってしまい下痢してしまいました。

 

腸内環境がアトピーに影響を与えることがわかってきているので、胃腸に負担を与える硬水は避けた方が無難かもしれません。