薬剤師のアトピーブログ

薬剤師のアトピーブログ

アトピー関連の事や、薬の事、日常調べた事まで幅広く書いていきます

口臭や味覚障害の原因になる舌苔。取ってますか??

目次

 

 

ãè ããªã¼ç´ æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

舌苔ってなに?

舌苔と書いて「ぜったい」とよみます。

舌苔」とは、舌についた汚れ。剥がれ落ちた口腔の粘膜細胞や食べかすなどが、舌の表面に付着・堆積したタンパク質の汚れ。口臭の原因のひとつであり、味を感じる味蕾(みらい)の細胞が覆われることで起こる味覚障害の原因ともいわれています。

 舌苔の蓄積は細菌や真菌の増殖の原因にもなり、舌炎、歯周病、さらには誤嚥性肺炎や口腔カンジダ症などの病気を引き起こすリスクを高めます。

舌苔が起きる原因は?

 

舌苔はストレスなど心身系の原因のほか、疫力が低下したり、消化器系の疾患によっても見られるようになるので、その判断の指標にもなります。

従来は除去を勧める歯科が多かったですが、現在では自然な生体反応の一つであると考え、また舌粘膜の保護の観点から、物理的除去よりも根本原因の解決を図ることが多いみたいです。

 

根本解決は大事ですが、そうは言っても喋っている時に舌が黄色かったりすると「体調が悪いのかな~」とか「不潔」なイメージを与えてしまったり、口腔内の病気のリスクを上げてしまうので口の中はキレイにしておきたいものです。

 

舌苔の除去方法とは?

皆さんがまず最初にやってしまうのは、そのまま歯ブラシで舌を掃除するという方法ですが、この方法だとなかなか舌苔が取れない上に舌が傷ついて血が出てしまうのでオススメしません。

 

次に自分が試したのがやわらかいブラシが付いた舌クリーナーです。

 歯ブラシよりは取れますが、デメリットがあります。

それはブラシの細かい毛の中に舌苔が入り込んでしまい掃除が大変という点です。

朝このブラシタイプの舌クリーナーを使うと、掃除する時間もいるのでなかなかしんどいです。

 

そんな時、見つけたのが

「松本金型 新感覚舌ブラシ したつつみ」

です。

 

これはメーカーが広島大学と共同開発した、細菌やお口のニオイを除去する舌クリーナーで、従来の細かい毛が付いているブラシではなく合成樹脂で出来たシリコンのような素材が舌苔を取り去ります。

 

メリットとして

舌に優しく血がでない。

 合成樹脂なので少ない力で舌苔を取ることが出来ます。

 

側面の舌苔も除去することができます。

 合成樹脂なので形を自由に変えることができ、他のブラシでは取ることができなかった所の舌苔も根こそぎ取ることが出来ます。

 

●舌苔の取れやすさが段違いで短時間でキレイにできます。

色々と舌ブラシを使ってきましたが、これは引くほど取れます。逆にいままでしっかりとれてなかったんだなと感じるくらいです。

 

合成樹脂なので水洗いですぐに汚れが落ちます。

朝の忙しい時に時短できるので、とても重宝してます。

 

と良い事づくめに見えますが、デメリットもあります。

オエッとなりやすい。

奥までしっかりとれる分、舌の根本まで取ろうとしてしまいオエッとなってしまうことがあります。道具本体も他と比べて大きめというのもあるかもしれません。

 

● 先っぽのシリコンのような合成樹脂の部分が取り換え式なので、使用中に取れることがある。

というデメリットがあります。

 

取れてしまう場合はくっつけちゃえばいいんですが、オエッはどうしようもないので

苦手な人は他の舌ブラシのほうがいいかもしれませんね。

 

以上、今回はアトピーに関係ない記事でしたが口の中は清潔にしておくに越したことはないと思います。役に立てば幸いです、くにぺいでした!!